理楽笑塾開催にあたって 中津川研修所の取り組み

*中津川研修所入口にて、非接触型の体温計での体温チェックを行なっております。
*舘内各所に、消毒スプレーを設置しております。
*舘内の換気・消毒を定期的に行なっております。
*受付・食堂には、飛沫防止ボードを設置しています。
*食堂の6人掛けテーブルの座席を、4人掛けとしています。
*講義室のテーブルは、2人掛けとしています。
*宿泊部屋は、ゆったりとした人数で宿泊していただけるようにしています。
*中津川駅への送迎は、乗車人数に余裕をもって送迎しております。
*スタッフ全員の体温・体調をチェックしております。
*スタッフはマスク着用にての対応となります。

理楽笑塾について

本当の自分(真理)に出会うと、心がとても楽になり、自然と笑顔があふれます。

ゆったりとした時間の流れの中で、最高に気持ちのいい場所に身を委ねる。

真理の話を聞きながら、ココロとカラダにいい食べ物をとり、いのちを浄化する。

笑顔いっぱい 感謝いっぱい ツイテル自分になるために、本当の理楽笑を味わってみませんか?

主旨:先天大道を求道された方が、「道」の理解を深めるために開催されるセミナー

参加資格:求道された方で20歳~75歳までの方

定員:80名

開始時間: 初日午前10時30分開始 (受付開始 9時30分~)
終了時間:最終日 午後3時30分 終了予定 (Dコースは、午後2時30分)

内容:道理の話、礼拝、体験談、菜食の食事

持ち物:筆記用具、洗面用具、着替え、寝間着、上着(ジャケット、ブレザーなど)

コースについて

A:佛様から直接メッセージをたまわる。 Aコース

B:ビッグな夢を叶えよう! Bコース

C:毎日自然に笑顔があふれる うれC たのC Cコース

D:心のリゾート、究極の癒やし・・・デラックス Dコース

E:修道人生を”縁ジョイ”しよう♪ Eコース

F:未知(道)の世界へ ファンタスティック Fコース


G:真理をさらに探求できるIt’s グレイト! Gコース

開催場所 ~中津川研修所~

中津川研修所

岐阜県中津川市苗木48-575

℡0573-77-0070 Fax0573-77-0071

アクセス

JR中津川駅から 車で15分

中津川インターチェンジから 車で20分

各コースの内容

Aコース

沙盤・沙盤解説

三綱五常

三従四德

六道輪廻

体験談

三宝・補足

佛堂の説明

動画「観音様」

Bコース

親孝行

聖賢の言葉

三期末劫

体験談

三宝・補足

動画「貧者の一灯」

龍神の滝ツアー

Cコース

菜食

水の妙德

弥勒様

八条目

沙盤の解説

体験談

三宝・補足

愿懺文の説明

Dコース

廻光返照

大自然の法則

体験談

三宝・補足

動画「一切智光明仙人」

我なしゲーム

Eコース

菜食

三施

六歩の功夫

道と教え

体験談

三宝・補足

動画「佛様の説明」

舘内ツアー

Fコース

原因と結果

三曹普渡

特別沙盤の解説

道の真象

体験談

三宝・補足

天恩師德・修道の主旨の説明

参加型レクリエーション

参加者の声

私が理楽笑塾で感じた事

R4.4Bコースに参加しました。
中津川での研修は数多く受けています。
が4Bで初めて

「理楽笑塾が楽しい!」

「理楽笑塾は本当に凄い!」

と、心底感じました。

近況は仕事が大変順調、高評価を頂く中でまさに青天の霹靂!!

先輩同僚との間で、突発的なトラブルがありました。
※会社外の第三者の目から見てパワハラ、名誉毀損で訴えてはとも言われました。
ショックから今後の進退を決めるため、仕事をしばらくお休みしました。

(今年の有給を全て使いました)
何をしても…腑に落ちる答えは得られず、全く何も見えませんでした。
もう会社を辞めるしかない!の思い、

直感に従い、会社に退職願を提出。

上司から慰留を促され、

「静かになれる場所はどこか?そうだ!中津川の理楽笑塾に行こう!!」

と思い、初めて心から理楽笑塾に参加させて頂きたいと思い、

理楽笑塾4Bに行きました。講義の中で

「中津川へ来るだけで老ボ様を味わえる。」

「この身を老ボ様に抱かれるだけ。」

の言葉を聞いて、今まで私は日々自制心を養うため、

食事制限や自分自身にルールを課して、

人から見たらストイック過ぎる生活をしていたのですが、

この2日間は一切ルールを捨て、身と心を全て老ボ様にお任せし過ごそう!

と決めました。すると

「あれ?

何か今まで参加していた理楽笑塾と、見る景色や頭に入る言葉が全く違う…」

と感じました。
本当に楽しく二日間を過ごしました。
なぜ今までの理楽笑塾と全く違ったのか?

私は23年間、今とは別の職種で勤務しました。
職業柄か思い込み、刷り込みがあった事に気づきました。
それは

「苦労や苦痛を乗り越えて初めて成長できる!

汗をかかずして得るものなし!苦なくして楽なし!

もっと汗をかけ!もっと自分を追い込み励め!」

です。だから過去の理楽笑塾も

「3食美味しい菜食を頂く?

道理の話を聴く?

仲間と語らい、パフェを食べゆっくり眠る?

そんな甘い事で悟り?

成長?

得るものなどあるはずがない!

そんな都合のよい事は断じてありえない!」

という色眼鏡をずっとかけ続けて参加していたのです。

今回、その色眼鏡、思い込みに気づき自然と外す事が出来たおかげで、

理楽笑塾が本当に凄い!

楽しい!と初めて感じる事が出来、

理楽笑塾から帰ったのち、仕事にも無事、復帰しました。

理楽笑塾は人生という車の乗客から、

人生という車のドライバーになれる場所。

自分の人生のハンドルを取り戻し、思い通りに進む事を再発見出来る場所。

多くの方々に、是非一度足を運び、味わって頂きたい!

私のように遠回りせず、

今まで生きてきた経験で培った

色眼鏡、常識、思い込み、刷り込み、先入観を外して

参加する事をお勧めします。

人生初の理楽笑塾に参加させて頂きました!

私は求道のご縁を頂いてから、あと少しで4年が経ちます。
頑張って幸せになろうと思っていた自分から、なんだかいつも幸せだな〜と思える自分になっていたので、何か特別悩みがある訳でもありませんでした。
ですが、理楽笑に参加した方のお話を聞いたり、参加した方の変化を見て、「理楽笑に行きたい!」という気持ちはずっとありました。
「凄いよ!」「ミラクルが起こるよ!」という話を沢山聞いていたので、何が起こるのか、どんな特別な事があるのかと、凄くワクワク期待をして参加する事を決めました。

参加してみると、何も起こらないし、特別な事も何もない。
講話は全部寝ちゃって、何かを学べた訳でもない。
私が期待していた、「凄い!やばい!」という出来事は全く起きませんでした。
ですが、期待していたものがなかったにも関わらず、凄く穏やかな気持ちで、ずっとここにいたいと感じている自分がいました。

何もなく、ただ良い光を浴びて過ごす時間。
身体が喜ぶ、美味しい食事をただ楽しむ時間。
仕事の事も考えず、心穏やかに過ぎる時間。
何もない事がこんなにも幸せなんだと、深く気付かせて頂いている自分がいました。

一緒に参加させて頂いた方達とのご縁で、今私にできる事に気づき目標も出来ましたし、1年で全コースに参加する悟りコースにもチャレンジしたいと思いました。
よくわからないけど、何かがあった訳ではないけれど、ただ幸せな時間を過ごさせて頂きました。

そして、参加してから徐々に変化が起きており、出逢わせて頂いてる方皆に感謝を持って接する事できるようになってきていて、心穏やかな時間が凄く増えました。
母に対してずっとあった蟠りも、色々なきっかけに助けられて急になくなり、幸せを共有できるようになりました。
理楽笑塾のお陰様で、人生がより良い方向に向かっており、幸せでいっぱいです。

私を理楽笑塾まで導いてくれたご縁に感謝です。
次はこの幸せのバトンを沢山の方達に繋げて行きたいと思います。

本当にありがとうございました。

私は、夫と幼稚園年中の長男と3人家族です

私は、夫と幼稚園年中の長男と3人家族です。求道の縁には、約2年前にあい、求道後は、しばらく会館にもいかず、道のこともよくわからないまま、何となく距離を置いている状況でした。この数ヶ月は、道の先輩から誘われる形で、徐々に行事や礼拝に参加したりしていた状況でした。

夫と子供と幸せには暮らしていましたが、どこかで、私はいつも、自分はダメな人間、どうやったら変われるのか、

もっと頑張らなきゃ、もっと努力しなきゃ、と、できない自分を責めることが多く、自分に足りないところばかりが気になっていました。

また、長年、自分の中で、自分の親との関係に問題を抱えていました。

今回、初めて理楽笑塾に参加したのですが、

その2日前に、慈音の音声を聞いた後から、幼少期の嫌な記憶が突然鮮明によみがえってきました。

現在の風景を見ながら、過去の映像を見ている、なんとも不思議な体験で、実際にその出来事を再び体験しているような感覚に陥り、外にいたのにも関わらず、気づけば涙が止まらなくなっていました。

それからは、気持ちが暗くなって不安と緊張でいっぱいだったのですが、

『楽しんでおいで』と主人が背中を押してくれて、理楽笑塾に行けばこの体験の意味がわかるかも、という思いと、せっかく頂いた機会なんだからあまり難しく考えすぎずに楽しもう!という思いで出かけました。

前泊の初日に研修所に入ると、何か考えようとしても考えられない、それまでの緊張や不安な気持ちが一気になくなって、安心感と幸福感に包まれて心身ともにリラックスできる、そんな不思議な空間でした。

翌日からは、講話はもちろんのこと、参加者の方々との何気ないおしゃべりをしているときの会話の中でも、ハッと気づくことだらけでした。

そんな気づきを得るたびにどんどん心と身体が浄化されるような感覚で、自然と感謝が溢れてきまた。

そんな時、先生におみくじの解説をしていただける機会がありました。

解説を聞いていくうちに、私に一番足りなかったものは、感謝だったということ、特に両親への感謝が足りなかったことに気づきました。

そして、私はこれまで充分に幸せだったのだということにも気づきました。

すると、涙が溢れ、感謝が溢れ、まるでオセロがひっくり返るかのように、慈音を聞いて出てきた映像が、全て喜びの映像へと変わって行きました。両親に対して私が抱いていた思いは間違っていたことだったと気づき、すぐに両親にこれまでのことを謝り、そして感謝を伝えました。

そんな2日間の理楽笑塾を終え帰宅すると、今まで通りの日常が、明らかに、見え方、感じ方、意識が違うものになっていました。

自分のことをいつも責めて、消えてしまいたいとさえ思っていた自分のことを受け入れられるようになり、

『○○のせいで』と考えてきたことが、全て『○○のおかげで』に変わり、次から次へと感謝の記憶が溢れてきては、ありがたくて涙が溢れてきました。

そうすると、今まで本当にたくさんの人に支えられ、助けられてきたこと、親の愛情の深さ、など、いろいろなものが見えてきて、私は自分のことばっかり考えていて、周りが全然見えていなかったんだなと気づくことが出来ました。

こうして、素晴らしいたくさんの気づきをいただいたので、これからは人のお役に立てることをしていきたいなと思っています。まずは、私が喜びと感謝の心を持って、周りの人たちを笑顔にしていきたいと思います。

理楽笑塾に誘っていただいたこと、参加できるように支えてくれた家族、一緒に参加できた方々、このような体験ができた自分、こうして体験談をシェアするお慈悲をいただいたこと、全てに感謝します。

ありがとうございます。

講話はもちろんのこと、ただ美味しい菜食を食べながらおしゃべりしているだけでも、はっと気づくことだらけでした。

40代女性

私は子供の頃、身体が弱く、とてもマイペースで、幼稚園の頃から集団生活に全く馴染めませんでした。
また、2才半くらいからずっと家が荒れて地獄のような日々で、外でも家でも心が安らぐ場所がありませんでした。
段々本当の気持ちなどの自己表現をしなくなり、いろんなことを諦めて、いつも虚無感や孤独感を抱きながら消えてしまいたいと思っていました。
大人になってからも、そうやって心を閉ざし、自分を出せず、我慢して生きていたので、ついに2年前、病気になってしまいました。

求道のお話を頂いたのは、昨年の、手術して一カ月後です。
それまで、どうして自分はこういう境遇なのだろうか?
と心理学や精神世界に救いを求めて模索して、何をやってもだめだったので、正直いって「どうせまた救われないに決まってる」と思っていました。

でも、なんとなくずっと気になり続けて、何度もお誘いのライン文面を読み返したり、インターネットで求道について調べたりしていました。
そして、このチャンスを逃したらもったいない気がする、と思い、求道しました。

 

求道のあと、人生の整理が始まりました。
それから、時々ですが、会舘に通うようになりました。

先輩から「早めに理楽笑塾に行くと、状況が整理されるよ」と言われ、今年3月のLコースに参加しました。
中津川では、私の問題の答えだらけ、気づきの連続でした。

講話はもちろんのこと、ただ美味しい菜食を食べながらおしゃべりしているだけでも、はっと気づくことだらけでした。
心身とも緩み、解放されてきてるなぁ、とは感じてましたが、三日目になると、あれ?もしかしてこれは47年重苦しく覆い被さっているパンドラの箱の蓋が開いてしまったか?と思うようになりました。

そして、帰りの車の中で、突然、文字通り走馬燈のように2才半からの地獄の日々の想い出が流れてきて、これは間違いなく蓋が開いて解放されているんだ!と思いました。
身体も反応して、帰ってきてから滅多に熱は出さないわたしが、39度以上の熱を出して5日寝こみました。

快復すると、身体が軽くなり、意識も今までと違う感じになっていて、細胞がうまれかわったようだ、と思いました。
今までは虚無感で消えることばかり考えていることが癖になっていたわたしが、自分を生きたい!と生きる方へ舵を切っていることにはっと気づき、自分でびっくりしました。

わたしは幸せになっていいんだなぁ、と思ったら、涙が出ました。
そうすると、今まで本当に色んな人に支えられ、助けられていたことが見えてきました。
それなのに自分のことばっかり考えていて、全く周りが見えていなかったなぁ、と恥ずかしくなりました。

気づいた今から、遅まきながら、残りの人生は少しでも人のお役に立ちたいと思います。

 

物事の本質に気づいていくことの大切さを学ばせて頂き、心から人生は楽しいものだと思えた瞬間だった

60代女性

私は今年の3月に求道しました。

我が家は信仰をもっており、弥勒菩薩さまを身近に思っておりました。弥勒菩薩さまについては、お釈迦さまが悟りを開いた後、56億7千万年後に悟りを開かれる実在のお方で、「マイトレーヤ」、友情の菩薩さまとうかがったことがあります。

弥勒菩薩さまの教えに近づいてみたいと思い、理楽笑塾に申し込みました。連休と重なり、28歳の息子と一緒に行くチャンスに恵まれました。

1泊2日の研修では盛りだくさんの学びを頂きました。

教えの光で、心がほぐれていくのを感じました。理楽笑の意味は、こういうことなのかと思いました。会館の雰囲気は、とても明るく清らかでした。前人さまのご講話、講師の先生方のご講話を、こんなに間近で聞かせて頂けるのだと感激いたしました。また、会館の皆様がとてもフレンドリーにお言葉をかけてくださり嬉しかったです。

私の一番知りたかった弥勒菩薩さまが教えてくださる友情について、前人さま、道徳会館の皆様のお姿から学ばせていただくことができました。

また、おいしい心のこもった菜食を頂き、身体も浄化されていくのを感じました。沙盤も始めて見させて頂きとても不思議な時間でした。

研修がもうすぐ終わりに近づく頃、2日目の昼食を頂きながら、弥勒菩薩さまが(この2日間、道徳会館さんでしっかり学んでくださいね)と私たち親子をお招き下さったように思えてきました。この場にいるのがとても不思議でありがたく、感謝・感謝で涙が自然と込み上げてきました。何から何まで学びの連続でした。

一緒に参加した息子は、はじめはどんな所か不安だったようですが、男性の同室の皆様がいろいろと優しくお声をかけて下さり安心し、昔からご縁があったような懐かしい思いになったそうです。

また、「今まで悪いことを良いことにポジティブ思考で努力して転換するように心がけて来たけれど、学びを通して、本当の幸せはそんなに難しくないことや、自然体、真空の考えでとらえる事により、物事の本質に気づいていくことの大切さを学ばせて頂き、心から人生は楽しいものだと思えた瞬間だった。職場の苦手だった人も含めて、すべての人が菩薩に思えてきた。」と言っておりました。

息子はこの日、誕生日でしたが、素晴らしい日となりました。

息子の喜ぶ姿が、本当にありがたかったです。

親子共々、貴重な学びを頂きましたことを心から感謝させていただきます。

ありがとうございました。

50代男性  自営業 理楽笑塾感想

これが静寂、これがリセット
まさにこの時間

起業して2年目の2004年に求道。
人生の希望が
絶望感に変わりはじめていた時期だった。

求道し16年、振り返ると知らず知らずの間に
絶望から希望、そして実現と運ばれてきた。

当時
ビジネスに関する経済学、成功哲学、方法論に
時間とお金を費やし学び続けてきた、
全く活路を見出すことができずに
人生の限界を感じていた中

1回目の参加
その後
現在に至るまで合計8回参加を重ねてきた。

研修所の中へ入ると
仕事の事や雑念が消えていく、あれ?!
考えようとしても考えに至らない、

夜 眠いのに眠れない

興味ある講義の講話中も
聴きたいのに、
いつのまにか、、zzz あれ?!

意識とは逆の現象が起こり続ける。

積み重ねてきた不必要なものが
受講するたびに
積み減らされていた
心が軽くなっていることに気づいた。

気がついたら心の使い方が変わっていた。

思いの源、望む源、考えの源が変わっていた。

事業も道の真理の中で
この15年間で成果をだせることができた。

5年前から食事も完全菜食となり
心身共に真の豊かさを感じながら
過ごさせて頂いています。

リラックスは行く度に、重荷を下ろしていく感覚と新たな気づきがあります。

心も体も疲れ果て、身体的にも精神的にも病気になり仕事が出来なくなった時期があります。
休職をし、もう二度と看護師はしないと決めて、心と体を癒しているときに求道のご縁に会いました。
三宝の話を興味深く感じ、会館に通い始めました。会館へ行くと私の心が軽くなり、家庭が明るくなることを実感しました。そんな中、中津川のリラックスに「いつか行きたい」という気持ちが出てきて、突然リラックスに参加する流れになりました。初めは、緊張や不安な気持ちもある中で参加しましたが、涙が溢れ、感謝が溢れました。封印していた蓋が開いたかのように色々な感情が出てきて、自分の内側と向かい合っています。リラックスは行く度に、重荷を下ろしていく感覚と新たな気づきがあります。
父親は頑固で頑なだと思っていましたが、自分の心が頑なであると気づいたり、他人のせいにしていたことは、全て自分であったと気づかせて頂きました。自分の意識が変化すると周りの状況も変わっていき、看護師である自分も受け入れることができるようになりました。目の前に起こる出来事は、自分にとって必要なことだと冷静に受け止めることができ、他人の言動に振り回されることも少なくなりました。「玄関」を意識して仕事をすると、問題だと思っていたことが問題ではないこともわかりました。今は自分に与えられていることを大切にすることを学ばさせて頂いてます。そして、自然の流れで看護師の仕事に戻れたことに感謝しています。

今まで、がんばってがんばって、無理して言葉を出していたのが嘘みたいです。
こんなに、楽しく、変化できるとは思ってもいませんでした。。

女性

私が今回理楽笑塾に参加しようと思ったきっかけは、お友達がすごく変化したよという話を聞いて、理楽笑塾にいくといいよと声をかけて頂いたことがきっかけでした。
自分自身の中で悩んでること、いつも考えてることからなかなか抜けられず、その答えを見つけられそうな気がしたので参加を決めました。
1日目は、とにかくリズムに着いていくのに必死でした。
2日目に御礼拝の仕方を教わり、皆さんの話してること、使う言葉がなんとなく理解出来てきて、行動についていけるようになり、さらに楽しくなりました。この夜には、ほとんど心の引っかかりが取れて、ずっと考えていたことも解消できました。
三日目はもう楽しくて、なんでも知りたくて、帰りたくない気持ちでいっぱいでした。
私がずっと考えて悩んでいたことは、「子供は親の鏡」ということです。
このフレーズはしっていて、親以上にはならないことも知っていて、そのために変わりたい、大きくなりたいと思っていましたが、具体的な方法が見つからず、
もっとがんばったら……
もっと努力できてれば……
どうしたら変われるのか、できない自分をいつも責めていました。
もうひとつは、周りのことを気にしすぎて自分の思いを話すのが苦手で、話さなくてはいけないことも頑張ろうと思っても話せず、半分もう諦めていました。
三綱五常の授業で、五常は常に自分の中にあることを教えていただき、自分の中の光に出会うことが出来ました。
なぜ、全ては自分なのか
その原理かはっきり解り、理解することが出来ました。
特に私が持ち帰ってきたフレーズは、
三綱五常での先生の言葉で、「徳性のままにスっと動けばなんの問題もない」
と、
前人のお慈悲「力まず無理せず自然体」です。
帰ってきてから、たまたま数人の前で自分の思いを話す場を頂き、いつものように緊張はしていましたが、初めて「思いがすごくつたわったよ」と感想を頂きました。
今まで通りの日常ですが、なにかが違いました。お役に立てることを沢山したくなりました。心に一瞬引っかかっても、深呼吸して切り替えることが出来ました。一念を信じて、会う人会う人に思ったことを思った時に話すことも出来ました。できる度に自分で嬉しくて、なんでもできちゃいそうな気持ちになりました。
今まで、がんばってがんばって、無理して言葉を出していたのが嘘みたいです。
こんなに、楽しく、変化できるとは思ってもいませんでした。
私のように、思ってることを人に言えず、変わりたいけどどうしたらいいか分からない、変わりたくても変われなくて悔しくて悩んでいる方は沢山いると思います。
みんなが理楽笑塾を知ったら、自分のやりたい事を思いっきり楽しく出来るようになると確信しました。
まず私が豊かな心を持って、周りの人達を幸せにしたいと思います。地球環境に役立つことも沢山していきたいです。
この私の思いで、何かお役に立てたら本当に嬉しいです。
誘って頂いたこと、行けるように支えてくれた家族、一緒に参加できた方々、行けた自分全てに感謝します。ありがとうございます。

聴講や先生・前人からのお言葉、参加者の方々との交流を通して、積年のストレスやトラウマも消え、うつ症状が解消されてしまいました。

:20代女性

「理楽笑塾の存在を知ったからには、とにかく一度参加してみてください!」
これが、私が皆さんに声を大にして、そして自信を持ってお伝えしたいことです。
自分がこれほど穏やかな明るい心で、こんなにも元気で幸せに毎日を過ごせるなんて、理楽笑塾に参加する以前は想像もできませんでした。
4ヶ月前に初めて参加した理楽笑塾では、悩みやストレスから一切解放され、身も心も完全な安心感に包まれる“真のリラックス”を体感しました。「試しに参加してみよう」と思って臨んだ理楽笑塾でしたが、その日のうちに悟りコースに申し込んでいました。
そして、医師から「うつ病」と診断され、休職3ヶ月目の時に参加したのが、先月の理楽笑塾でした。参加直前の私は、倦怠感や無気力感に悩まされ、人と話すことができず、毎日15時間以上も睡眠を取っている状態でした。ところが、なんとか参加することができた理楽笑塾で、聴講や先生・前人からのお言葉、参加者の方々との交流を通して、積年のストレスやトラウマも消え、うつ症状が解消されてしまいました。
復職した現在は、心身が健康で、エネルギーに満ち溢れています。イライラや落ち込みを引きずることもなくなり、毎日がなんだか楽しくて、安心感や幸福感に包まれて日々を過ごせるようになりました。
理楽笑塾に参加すると、心の持ち方が“正しい”方向に自然と変化し、人生が必ずより良い方向に導かれます。
皆さんもぜひ、この幸せな体験や心境を味わってみてください♪

心が安らぎ、身体が段々と楽になり、今では辛さや不安が無くなり、ギクシャクしていた主人との関係も、いつの間にか自然と話が出来る様になりました。

私が求道を受けから5か月が過ぎました。昨年突然息が出来なくなりパニック状態になってああ…私はこのまま死ぬのではないかと言う恐怖に襲われました。病院で検査を受けても何処にも異常がないと言う診断で結果は更年期障害だろうと言う事で毎日薬を飲んで何の効果も無く辛いまま日にちだけが過ぎて行き、また息が出来なくなるのでは無いかと毎日が不安で夜も眠れない日々でした。そんな時に職場の同僚から求道誘いを頂きました。

弥勒参拝求道式を受け光の中にいる弥勒様にお会し不思議な感覚の中での式でした先生無邪気になってと言うお言葉を言われた時、無邪気な心を忘れ素直になれず片意地を張っばかりなも無邪気になれるのかなと思い涙がでました求道式の後で中津川理楽笑塾のDVDを拝見した時、私ここに行きたいと思い、何も分からないまま理楽笑塾に参加させて頂きました。

理楽笑塾は、とても居心地が良く久しぶりにゆっくりと眠る事が出来ました。ふと不安心の苦しさが無くなりあんなに辛かった身体が、楽になってる事に気がつきました。

この二日間の中で前人が言われた何事にも振り回されない自分の心、真理を明らかにしていく、目の前に現れるすべての物は意味があって目の前に現れる』の言葉が心ました。それから会館に通うようになり心が安らぎ身体が段々と楽になり今では辛さや不安が無くなり薬を飲まなくてもいい毎日ですずっとギクシャクして主人との関係、いつの間にか自然と話が出来る様になりました。

三宝は何度聞いても新し気付きがあり、知れば知るほど、大切な家族にも求道を受けてもらいたいと思う気持ちが強くなました。

家族に道徳会館で求道を受けた事、大切家族が事件、事故、病気等…何が起きるか分からない時代を生きるために求道を受け、家族みんなが笑顔で幸せであって欲しいと私の思いを伝えました。

その後1月には主人と娘家族2月には息子家族と続けて求道式を受ける事が出来ました。

まだ歩き始めたばかりの私ですが一人でも多くの人に道を伝えていけるように進んで行きたいと思っております。

今もその時の楽しさは消えていません。持続したままです。スッキリしています。

:40代男性

14年前に求道、理楽笑塾には5年ぶりに参加。
不思議な事に今まで重くのしかかっていたものが1時間事に流れていくのがわかった。
メチャメチャいい、その一言につきます。
今もその時の楽しさは消えていません。持続したままです。スッキリしています。

地元に帰ってから3名の縁ある親子を求道に繫げたことからミラクルの連続。
その親子は喜んで会舘に通い、家庭での求道式には、一緒になって多くの知り合いの方に声をかけてくださり、20名の方に御縁にあっていただけました。

そして何とその中の方とおつきあいがはじまり、人生がバラ色になったんです。

IT関連中間管理職と技術職を兼務:50代男性

勤務する会社では仕事が激増。激務に加え人員削減も行われました。

私も過労が続き「このままでは、心身ともにダメになってしまうかもしれない……」という危機感を感じていた頃でした。それでもやっとの思いで理楽笑(リラックス)塾に参加しました。

「こんな状態で参加してもきっと何も変わらないだろう」と内心ではあまり期待もせずに中津川研修所に赴きました。

不思議なことに一歩踏み入れたとたん、ぱぁーっと世界が広がったように気持ちが晴れて、自分でも驚きました。

理楽笑塾が終わり、その後、流れが変わりました。そして私も休みがとれて理楽笑(リラックス)悟りコースを修了することができたのです。

ちょうどその時期に、全国的に過労死が続き問題になっていました。そこで、「働きかた改革」を政府が打ち出す前に、社内でもそれを始め、部下の労働を軽減し、効率よく管理できた場合には特別賞与を与えるという制度まで設けられました。

おかげさまで、部下ともども、それまでとは一転して労働状況が改善され、今では人間らしい豊かな生活を送っています。一人の良心が開くと周囲にまでその影響が及ぶとはこういうことかと驚いています。

そして理楽笑塾に参加でき、たいへん感謝しております。

私にとって、理楽笑塾は大反省の場

昨年2020年9月の求道後まもなく、理楽笑塾のことも、道のことも良く分からないまま、岐阜に通い始めました。

仏光を浴びて心に喜びがあふれるとか、宇宙とつながる感覚を味わえるとか、漠然と期待しながら参加しましたが、
悟り1クール目を終えて、少なからず感じることができたような、明らかな実感はまだ持てていないような、という状況です。
私にとって1クール目は学びの場であり、反省の場でした。儒教などの道徳的なことは、日常の会話の中で触れる機会が度々ありましたが、しっかりと向き合う機会はなかったので、セミナーの講義ひとつ一つが確かに・・・と、人として大切なことを繋ぎ合わせてくれる貴重な時間でした。
子ども時代の記憶を思い返すと、両親が道徳を学んでいた記憶も薄っすらとあり、自然への感謝、先祖への感謝、食事への感謝を折りに触れて口にしていましたし、毎日、仏壇に手を合わせることから一日が始まっていたなと思いだします。
それが、大人になり一人で生活するようになると、慌ただしい毎日の中で、手を合わせることも無く、食事も何の気なしに済ませてしまい、自分はどう思うのか、という自分中心の考え方にすっかりと偏っていたことに、理楽笑塾に行く度に気づかされました。
なんと狭い世界で生きていたんだろうと、自分の駄目さや、弱さに、直面することばかりでした。
ただ、それが決して苦痛でも、ネガティブでもなく、それに気づけたことへの有り難さ、一枚ずつ余計な殻が剥がれていく軽やかさのようなものを感じられる感覚で、心地のよい反省の場と感じながら、1クールを終えることができました。
悟りコースを終了させていただき、一区切りの気持ちもあり、また、終了した者としての責任のようなものも感じていますが、それ以上に、まだまだだなと感じる方が大きいです。
気づいたからといって、自分を変えられた訳ではない。残念ながら、理楽笑塾から帰り、日常の生活が始まると、もとの自分がムクムクと現れてしまいます。
ただ、2歩進んで1歩さがる、結果、着実に前に進んでいることも実感します。道や理楽笑塾に出逢わなければ、私の意識は知らず知らず後退していただろうし、心が荒んでいれば、生活も、仕事も楽しいはずがない。何より人の気持ちの分からない人間になっていただろうと振り返ります。
まだ、道も理楽笑塾も、はじまったばかり。道は果てしなさそうですし、行き着くこともないだろうと思えます。
でも、だからこそ面白い。分からなかったことが、少しずつ繋がっていく。駄目な自分と向き合うことで、すこしずつ自分の本心を感じる時間が増えていく。自分だけでなく、他人のことを考えられる心の余裕がもてていく。
理楽笑塾は、そんな明るい未来に向かわせてくれる反省の場でもあり、先生方や全国の同志と会うことで、なりたい自分を思い描くことができる大切な時間です。
行きつ戻りつ、道や理楽笑塾を通して、人生をもっともっと楽しみたいと思います。

看護師:40代:女性

職場での問題に頭を抱え、精神的にもつらくなり理楽笑(リラックス)塾に参加することにしました。
そして悟りコースを修了(A,B,C,D,Sの5コース修了)すると、今まで起きていた問題は、すべて自分が引き起こしていたことに初めて気づきました。

私は八方美人で、現実の気持ちを隠して表面的に良い顔をしていたことに気が付いたのです。
そのため周りの方に誤解をされて意思疎通がうまくいかずに問題が起きていたことがわかりました。

それを知って、上司にはありのままの自分の思いを伝えることにしました。
すると上司は、きちんと向き合ってくれるようになり、職場全体で問題が起きていたことが改善の方向に向くようになり、私自身もとても楽に働けるようになりました。

驚いたことに、私の根源的な原因に気づいたとたん、娘が長年打ち明けることができないで抱えていた悩みを私に打ち明けてくれました。すべてはリンクして、すべてが好転しはじめたのです。

会社員:40代女性

私は真面目過ぎると人からいわれています。

求道してすぐに理楽笑(リラックス)塾の悟りコースに申込みました。
今、振り返ると、悟りコースに到達するまでの理楽笑(リラックス)塾に参加するたびに肩の荷が下りたような楽さを感じています。

抱えていた問題についても「大したことない」という気持ちでおおらかに向き合うことができている自分を感じています。
これまで菜食に対しては否定的でしたが、講義を聴き、納得することがたくさんありました。
菜食歴の長い参加者の皆さんは、自分が以前聞いていた情報とは真逆で、お顔がツヤツヤとしており、とてもポジティブで生き生きしていました。

菜食を一週間試してみてとても調子が良いので続けてみようと思っています。今、悟りコース2周目をスタートしてみようとワクワクしています。

自営業:40代女性

夫と共に自営業をしています。

今まで夫婦や姑との意思疎通にいつも問題を抱え、逃げ出したいと思っていました。
理楽笑(リラックス)塾に参加したときに、ある講義がとても印象に残り、自分は立場を取り違えて、間違った方向に努力をしていたからこんなにうまくいかないのだと気づきました。

そして私自身が実の親を誤解し、親に対して抱いていた思いがとても良くないことだったと気づき、すぐに両親にこれまでのことを涙ながらに謝りました。
両親は笑って私を受け入れてくれました。気づくと左手の硬直が治っていました。長年、治療法が見つからずお湯につけてほぐしていたほど硬直し、ただれた手がいつの間にか柔らかで正常な手に戻っていました。

きっと心の中で握り占めていた固い思いを手放すことができたのだと思います。

女性

理楽笑(リラックス)塾悟りコースを修了した妹が見違えるように元気ではつらつとした人に変化しているのを見て、長い間自分は、この素晴らしさを閉じ込めるような威圧感を妹に与えていたと心から反省しました。

それからの私たち姉妹の関係は変わり、角がとれて伝えたいことが素直に伝わる間柄になっています。
幼少期から母親がいない生活のなかで親の代わりを務めていたつもりでしたが、今になって親の愛情の深さをしみじみと感じます。
子供を包容する慈しみの深さは目には見えないけれど、とても大きいものです。形を超えたこの愛情こそが私たちを育てあげてくれていたのだと感じています。

理楽笑塾に参加された方へ、

理楽笑塾のご感想をお聞かせください。下のレビュー投稿フォームのボタンを押してレビューを記載できます。

皆さんの喜びが、多くの方の喜びとなりますように