理楽笑塾について

本当の自分(真理)に出会うと、心がとても楽になり、自然と笑顔があふれます。

ゆったりとした時間の流れの中で、最高に気持ちのいい場所に身を委ねる。

真理の話を聞きながら、ココロとカラダにいい食べ物をとり、いのちを浄化する。

笑顔いっぱい 感謝いっぱい ツイテル自分になるために、本当の理楽笑を味わってみませんか?

主旨:先天大道を求道された方が、「道」の理解を深めるために開催されるセミナー

参加資格:求道された方で20歳~79歳までの方

定員:100名

開始時間: 初日午前10時30分開始 (受付開始 9時30分~)
終了時間:最終日 午後3時30分 終了予定 (Dコースは、午後2時30分)

内容:道理の話、礼拝、体験談、菜食の食事

持ち物:筆記用具、洗面用具、着替え、寝間着、上着(ジャケット、ブレザーなど)

コースについて

A:佛様から直接メッセージをたまわる。 Aコース

B:ビッグな夢を叶えよう! Bコース

C:毎日自然に笑顔があふれる うれC たのC Cコース

D:心のリゾート、究極の癒やし・・・デラックス Dコース

E:修道人生を”縁ジョイ”しよう♪ Eコース

F:未知(道)の世界へ ファンタスティック Fコース

開催場所 ~中津川研修所~

中津川研修所

岐阜県中津川市苗木48-575

℡0573-77-0070 Fax0573-77-0071

アクセス

JR中津川駅から 車で15分

中津川インターチェンジから 車で20分

各コースの内容

基本的な講義

三宝

やすらぎ:三宝を日常生活でどのように役立てるかという三宝の補足説明です。基本的に前人よりお慈悲をいただきます。

礼拝練習:先天大道で行われている礼拝のやり方と、その意味を説明します。

沙盤の解説:Aコースで行われた沙盤をわかりやすく解説します。

菜食についての講義:

体験談:道を得て、様々な体験をされた方のお話を聞き、道を身近に感じることができます。

Aコース

沙盤: 理楽笑塾を始めるにあたり、佛様より直接お言葉をいただく時間です。

三綱五常:

三従四德:

道と教えの認識: 「道」と「教え(宗教)」の役割の違いを説明します。

DVD:観音様

Bコース

親孝行:

三期末劫:

道統:

聖賢の言葉:

DVD(貧者の一灯):

Cコース

菜食:

大学の八条目:

水の妙徳:

弥勒様:

Dコース

特別沙盤の解説:

ベジバイキング:

一切智光明仙人:DVD

Eコース

三施:

六歩の工夫:

六道輪廻:

佛様の説明:DVD

Fコース

原因と結果:

天恩師德と修道の宗旨:

得道の四難:

道の真象:

参加者の声

超高速理楽笑悟りコース

「超高速理楽笑悟りコース」 理楽笑いくといいよ。人生変わるよ。と皆さんおっしゃいますが、本当かしら?と半信半疑でしたが、私の場合、8月末のDコース、9月のCコース、Bコース、Aコース、 10月のSコースと、ほぼ2ヶ月、超高速で5コースの悟りコースを終了しましたので、本当に老ボ様、弥勒様に、超高速で人生改革人生開花をしていただきました。

実は、私ごとではありますが、主人が一年前の8月に、末期の膵臓癌が分って2週間で亡くなりました。今年の8月で1周忌終わり、さあ、私も一歩踏み出そうと、先生にお慈悲をいただきに会館に伺いました。「ぜひ理楽笑に行かれるといいですよ。Dコースは日にちも短いし、行きやすいでしょうか ら、まずDコースに行かれるといいですよ。8月は、もう、いっぱいですから、10月のDコースからいくといいですね。今は申込も簡単なの。携帯で申し込めますよ。例えばこうやって、と私の携帯でやり方を教えてくださいました。帰りの電車で、携帯を見たら、8月の理楽笑の申し込みが途中のままで、 戻るを押そうとしたら、電車が揺れて申し込むを押してしまったんです。もう満席といっていたのに、なんと、申し込み受付ました!なぜ?なぜ?どうする?と心の中では思っているのに、すぐに振り込んでいました。

中津川は、初めての場所で、誰も知っている人はいなくて、一緒にお茶を飲む人もいなくて、ひとりで、観音様のそばにいさせてもらいました。空いている時間は、ずっと観音様の前で、 絵を描いていました。それがとても楽しいのです。

この一年、主人があっという間に亡くな り、相続、家の売却、実家のリフォームと引越し、様々な手続きで、こんな静かな気持ちで 絵を描いていられる時間がなかったなぁと。心が喜んでいるのを感じました。Dコース、デラックスですから、二日目のバイキングは圧巻で、お風呂も、ミント、ユーカリ、ローズマリーを束ねたハーブ湯で、豊かな気持ちで D コースが終わりました。帰りは高速バスでし たので、皆さんが帰られてからから2時間以上も時間があり、トイレ掃除や、台所の片付けなど手伝い、スタッフの皆さんに、また来てくださいね。」と言われながら研修所を出ました。けれど、集団生活は苦手だし、まぁ、もう来ることはないなぁと思いながらバスに乗りました。

この日は、事故渋滞で、新宿に着くのは、夜中の一時でした。そのバスの中で、妹に、理楽笑終わったよ。観音様の前でゆっくりできて良かった。とラインしましたら、来年 は一泊になっちゃうから今年中に全部取っちゃいなよ。と言うのです。普通なら、考えとくね。と即答しない私が、断る理由も無いから、取ってみるか。妹の言葉に乗っかってみ よう。と思っちゃったんです。

バスの中で、先生が教えてくださった通り、携帯で、9月のCコース、Bコース、 A コース、10月の S コース、ついでにというのは失礼ですが、50周年も。

10 月には、悟り終了です。私の中では、理楽笑は、絵を描きに行く所。観音様の前で、静かに絵を描きながら、ためになるお話を聞いて、菜食の体に優しいご飯をいただく。どのコースも、その時に私に必 要な言葉があって、特に、前人のお話は、毎回同じなのに毎回私のためのエッセンスが 入ってるんです。前人が、リラックスしてくださいね。と強調された日は、夜7時半から翌 朝 6 時までぐっすり寝て、水晶の岩盤の上にある研修所ですから本当にぐっすりです。主人がなくなって、この一年、ぐっすり寝たことがなかったことに気づきました。「また、来週」、「4日後に」と9月は中津川に通い詰め、毎回心動く講義はありましたが、理楽笑に行って特に変わったことはないなぁ。そんな短期間で、何か起こるわけないし。とただリラックスするために通っていました。

9月最後のAコースに来た時、この言葉を聞くために理楽笑に来たんだ。と思えるほど、 月慧師母様のお言葉は、一言一言、心が震えるほど、これからの生き方を指し示してくださいました。

ただ、毎回、行って良かったと思えるのですが、行くたびに、目やにが出て、目が開かなく なり、まぶたはかぶれて真っ赤になってきました。岩永先生にお慈悲をいただいて、話を聞いていただきました。例を挙げてお話ししてくださいました。私は病院に嫁いだのですが、「医者は、この患者さんをなんとか救いたいと治す方法を考えても、なんとか救いたいと情 をかけると、患者さんの思いまで背負っちゃうことになる。思いをかけすぎる癖があるから、 他人のことは、しばらく考えないといい。娘さんの心配ごとも、それは娘自身の問題、親が 心配することで、かえって娘さん自身が自分で立ち上がれなくなるから。」 そういえば、礼拝の時、自分のことのように、こうなりますように。と強く強く念じていたのです。

毎回、前人が、「無心無我でいれば、人生そんなに難しくない。」とお話しくださっていたのに、私は、ずっと無心ではなく、念じ続けていたんです。他人の痛みは、他人のこと、娘たちとも、痛みの喜びも共有していて、へその緒が繋がったままだったように思いま す。へその緒を切るよ。念ずるのをやめて、老母様、弥勒様にゆだねます。と思ったら、目やには出なくなり、目も開きやすくなりました。娘たちも心なしか軽やかです。

そして何より不思議なことに、何回か理楽笑に行くうちに、1時間でも2時間でも話せた姑の苦労話や嫌な思いや辛かったこと、そのストレスで、眼瞼痙攣や、ギランバレー症候群 など重い病気にかかったことなど、過去の全てが、深い湖の底に沈んだように、すっかり思い出せなくなっていました。後ろを見ても、真空、何もないんです。過去のことがなくなる と、もう、未来しかないんです。ただ一歩、前に踏み出すだけ。

リラックスは行く度に、重荷を下ろしていく感覚と新たな気づきがあります。

心も体も疲れ果て、身体的にも精神的にも病気になり仕事が出来なくなった時期があります。
休職をし、もう二度と看護師はしないと決めて、心と体を癒しているときに求道のご縁に会いました。
三宝の話を興味深く感じ、会館に通い始めました。会館へ行くと私の心が軽くなり、家庭が明るくなることを実感しました。そんな中、中津川のリラックスに「いつか行きたい」という気持ちが出てきて、突然リラックスに参加する流れになりました。初めは、緊張や不安な気持ちもある中で参加しましたが、涙が溢れ、感謝が溢れました。封印していた蓋が開いたかのように色々な感情が出てきて、自分の内側と向かい合っています。リラックスは行く度に、重荷を下ろしていく感覚と新たな気づきがあります。
父親は頑固で頑なだと思っていましたが、自分の心が頑なであると気づいたり、他人のせいにしていたことは、全て自分であったと気づかせて頂きました。自分の意識が変化すると周りの状況も変わっていき、看護師である自分も受け入れることができるようになりました。目の前に起こる出来事は、自分にとって必要なことだと冷静に受け止めることができ、他人の言動に振り回されることも少なくなりました。「玄関」を意識して仕事をすると、問題だと思っていたことが問題ではないこともわかりました。今は自分に与えられていることを大切にすることを学ばさせて頂いてます。そして、自然の流れで看護師の仕事に戻れたことに感謝しています。

今まで、がんばってがんばって、無理して言葉を出していたのが嘘みたいです。
こんなに、楽しく、変化できるとは思ってもいませんでした。。

女性

私が今回理楽笑塾に参加しようと思ったきっかけは、お友達がすごく変化したよという話を聞いて、理楽笑塾にいくといいよと声をかけて頂いたことがきっかけでした。
自分自身の中で悩んでること、いつも考えてることからなかなか抜けられず、その答えを見つけられそうな気がしたので参加を決めました。
1日目は、とにかくリズムに着いていくのに必死でした。
2日目に御礼拝の仕方を教わり、皆さんの話してること、使う言葉がなんとなく理解出来てきて、行動についていけるようになり、さらに楽しくなりました。この夜には、ほとんど心の引っかかりが取れて、ずっと考えていたことも解消できました。
三日目はもう楽しくて、なんでも知りたくて、帰りたくない気持ちでいっぱいでした。
私がずっと考えて悩んでいたことは、「子供は親の鏡」ということです。
このフレーズはしっていて、親以上にはならないことも知っていて、そのために変わりたい、大きくなりたいと思っていましたが、具体的な方法が見つからず、
もっとがんばったら……
もっと努力できてれば……
どうしたら変われるのか、できない自分をいつも責めていました。
もうひとつは、周りのことを気にしすぎて自分の思いを話すのが苦手で、話さなくてはいけないことも頑張ろうと思っても話せず、半分もう諦めていました。
三綱五常の授業で、五常は常に自分の中にあることを教えていただき、自分の中の光に出会うことが出来ました。
なぜ、全ては自分なのか
その原理かはっきり解り、理解することが出来ました。
特に私が持ち帰ってきたフレーズは、
三綱五常での先生の言葉で、「徳性のままにスっと動けばなんの問題もない」
と、
前人のお慈悲「力まず無理せず自然体」です。
帰ってきてから、たまたま数人の前で自分の思いを話す場を頂き、いつものように緊張はしていましたが、初めて「思いがすごくつたわったよ」と感想を頂きました。
今まで通りの日常ですが、なにかが違いました。お役に立てることを沢山したくなりました。心に一瞬引っかかっても、深呼吸して切り替えることが出来ました。一念を信じて、会う人会う人に思ったことを思った時に話すことも出来ました。できる度に自分で嬉しくて、なんでもできちゃいそうな気持ちになりました。
今まで、がんばってがんばって、無理して言葉を出していたのが嘘みたいです。
こんなに、楽しく、変化できるとは思ってもいませんでした。
私のように、思ってることを人に言えず、変わりたいけどどうしたらいいか分からない、変わりたくても変われなくて悔しくて悩んでいる方は沢山いると思います。
みんなが理楽笑塾を知ったら、自分のやりたい事を思いっきり楽しく出来るようになると確信しました。
まず私が豊かな心を持って、周りの人達を幸せにしたいと思います。地球環境に役立つことも沢山していきたいです。
この私の思いで、何かお役に立てたら本当に嬉しいです。
誘って頂いたこと、行けるように支えてくれた家族、一緒に参加できた方々、行けた自分全てに感謝します。ありがとうございます。

聴講や先生・前人からのお言葉、参加者の方々との交流を通して、積年のストレスやトラウマも消え、うつ症状が解消されてしまいました。

:20代女性

「理楽笑塾の存在を知ったからには、とにかく一度参加してみてください!」
これが、私が皆さんに声を大にして、そして自信を持ってお伝えしたいことです。
自分がこれほど穏やかな明るい心で、こんなにも元気で幸せに毎日を過ごせるなんて、理楽笑塾に参加する以前は想像もできませんでした。
4ヶ月前に初めて参加した理楽笑塾では、悩みやストレスから一切解放され、身も心も完全な安心感に包まれる“真のリラックス”を体感しました。「試しに参加してみよう」と思って臨んだ理楽笑塾でしたが、その日のうちに悟りコースに申し込んでいました。
そして、医師から「うつ病」と診断され、休職3ヶ月目の時に参加したのが、先月の理楽笑塾でした。参加直前の私は、倦怠感や無気力感に悩まされ、人と話すことができず、毎日15時間以上も睡眠を取っている状態でした。ところが、なんとか参加することができた理楽笑塾で、聴講や先生・前人からのお言葉、参加者の方々との交流を通して、積年のストレスやトラウマも消え、うつ症状が解消されてしまいました。
復職した現在は、心身が健康で、エネルギーに満ち溢れています。イライラや落ち込みを引きずることもなくなり、毎日がなんだか楽しくて、安心感や幸福感に包まれて日々を過ごせるようになりました。
理楽笑塾に参加すると、心の持ち方が“正しい”方向に自然と変化し、人生が必ずより良い方向に導かれます。
皆さんもぜひ、この幸せな体験や心境を味わってみてください♪

私は一体何に悩んでいたんだろう?
今では悩み方を忘れる位さっぱりした毎日です。

:40代女性

私が求道のご縁にあったのが2016年5月。
説明はうまくできませんが「何か良い!」と、感じたので家族や親友、大事な人に求道を伝えていきました。

そんな中、先輩者に
「中津川にある理楽笑に行くと、もっと味わえますよ!」
の一言で、日程を調整し、2017年2月Dコースの理楽笑塾に初めて参加しました。

実は、その直前心配事があり、こんな状況では行けないと思いましたが、
「とにかく行きましょう!」という先輩からの後押しもあり家で悩んでいるより、
中津川に行けば何かが変わるかも!?と思い、中津川研修所に出かけました。
足を踏み入れた最初の感想は、

「ここは何?悩みたくても悩めない!」でした。
そうなんです!私は一体何に悩んでいたんだろう?と思い出せなくなるほどのスッキリ爽やかな空間なのです。
行った人なら分かる感覚かもしれません。これは、水晶の鉱脈の効果なのでしょうか???
「なるようにしかならない!」とある意味開き直り、前泊の初日から研修所に入っただけで感じました。
もちろん、講話も私にとってワクワクする新鮮な内容で、毎回心に響くものでした

また、合間の時間、食事の時間、自由時間に全国から集まった初めましての方達との会話にも、今自分に必要な言葉や問題を解決するようなヒントを得ることが出来、充実した
時間を過ごすことが出来ました。

何より、そこに居るだけで心も身体も浄化されるような感覚で感謝が溢れてくるのですからとにかく「凄い!」の一言です。
今思えば、もっと早く先輩者に教えてほしかった!と思います(笑)
気になる、迷っている、という方がいましたら、とにかく一度行ってみて下さい!
毎月行きたくなるような不思議な場所です。
そして私はそのまま悟りのコース(1年間の間にA,B,C,D,Sの5回行くコース)に
申し込み、その年の11月Cコースにて悟りのコースを終了しました。
今では悩み方を忘れる位さっぱりした毎日です。

今もその時の楽しさは消えていません。持続したままです。スッキリしています。

:40代男性

14年前に求道、理楽笑塾には5年ぶりに参加。
不思議な事に今まで重くのしかかっていたものが1時間事に流れていくのがわかった。
メチャメチャいい、その一言につきます。
今もその時の楽しさは消えていません。持続したままです。スッキリしています。

地元に帰ってから3名の縁ある親子を求道に繫げたことからミラクルの連続。
その親子は喜んで会舘に通い、家庭での求道式には、一緒になって多くの知り合いの方に声をかけてくださり、20名の方に御縁にあっていただけました。

そして何とその中の方とおつきあいがはじまり、人生がバラ色になったんです。

講話はもちろんのこと、ただ美味しい菜食を食べながらおしゃべりしているだけでも、はっと気づくことだらけでした。

:40代女性

私は子供の頃、身体が弱く、とてもマイペースで、幼稚園の頃から集団生活に全く馴染めませんでした。
また、2才半くらいからずっと家が荒れて地獄のような日々で、外でも家でも心が安らぐ場所がありませんでした。
段々本当の気持ちなどの自己表現をしなくなり、いろんなことを諦めて、いつも虚無感や孤独感を抱きながら消えてしまいたいと思っていました。
大人になってからも、そうやって心を閉ざし、自分を出せず、我慢して生きていたので、ついに2年前、病気になってしまいました。

求道のお話を頂いたのは、昨年の、手術して一カ月後です。
それまで、どうして自分はこういう境遇なのだろうか?
と心理学や精神世界に救いを求めて模索して、何をやってもだめだったので、正直いって「どうせまた救われないに決まってる」と思っていました。

でも、なんとなくずっと気になり続けて、何度もお誘いのライン文面を読み返したり、インターネットで求道について調べたりしていました。
そして、このチャンスを逃したらもったいない気がする、と思い、求道しました。

 

求道のあと、人生の整理が始まりました。
それから、時々ですが、会舘に通うようになりました。

先輩から「早めに理楽笑塾に行くと、状況が整理されるよ」と言われ、今年3月のLコースに参加しました。
中津川では、私の問題の答えだらけ、気づきの連続でした。

講話はもちろんのこと、ただ美味しい菜食を食べながらおしゃべりしているだけでも、はっと気づくことだらけでした。
心身とも緩み、解放されてきてるなぁ、とは感じてましたが、三日目になると、あれ?もしかしてこれは47年重苦しく覆い被さっているパンドラの箱の蓋が開いてしまったか?と思うようになりました。

そして、帰りの車の中で、突然、文字通り走馬燈のように2才半からの地獄の日々の想い出が流れてきて、これは間違いなく蓋が開いて解放されているんだ!と思いました。
身体も反応して、帰ってきてから滅多に熱は出さないわたしが、39度以上の熱を出して5日寝こみました。

快復すると、身体が軽くなり、意識も今までと違う感じになっていて、細胞がうまれかわったようだ、と思いました。
今までは虚無感で消えることばかり考えていることが癖になっていたわたしが、自分を生きたい!と生きる方へ舵を切っていることにはっと気づき、自分でびっくりしました。

わたしは幸せになっていいんだなぁ、と思ったら、涙が出ました。
そうすると、今まで本当に色んな人にぎり支えられ、助けられていたことが見えてきました。
それなのに自分のことばっかり考えていて、全く周りが見えていなかったなぁ、と恥ずかしくなりました。

気づいた今から、遅まきながら、残りの人生は少しでも人のお役に立ちたいと思います。

 

IT関連中間管理職と技術職を兼務:50代男性

勤務する会社では仕事が激増。激務に加え人員削減も行われました。

私も過労が続き「このままでは、心身ともにダメになってしまうかもしれない……」という危機感を感じていた頃でした。それでもやっとの思いで理楽笑(リラックス)塾に参加しました。

「こんな状態で参加してもきっと何も変わらないだろう」と内心ではあまり期待もせずに中津川研修所に赴きました。

不思議なことに一歩踏み入れたとたん、ぱぁーっと世界が広がったように気持ちが晴れて、自分でも驚きました。

理楽笑塾が終わり、その後、流れが変わりました。そして私も休みがとれて理楽笑(リラックス)悟りコースを修了することができたのです。

ちょうどその時期に、全国的に過労死が続き問題になっていました。そこで、「働きかた改革」を政府が打ち出す前に、社内でもそれを始め、部下の労働を軽減し、効率よく管理できた場合には特別賞与を与えるという制度まで設けられました。

おかげさまで、部下ともども、それまでとは一転して労働状況が改善され、今では人間らしい豊かな生活を送っています。一人の良心が開くと周囲にまでその影響が及ぶとはこういうことかと驚いています。

そして理楽笑塾に参加でき、たいへん感謝しております。

看護師:40代:女性

職場での問題に頭を抱え、精神的にもつらくなり理楽笑(リラックス)塾に参加することにしました。
そして悟りコースを修了(A,B,C,D,Sの5コース修了)すると、今まで起きていた問題は、すべて自分が引き起こしていたことに初めて気づきました。

私は八方美人で、現実の気持ちを隠して表面的に良い顔をしていたことに気が付いたのです。
そのため周りの方に誤解をされて意思疎通がうまくいかずに問題が起きていたことがわかりました。

それを知って、上司にはありのままの自分の思いを伝えることにしました。
すると上司は、きちんと向き合ってくれるようになり、職場全体で問題が起きていたことが改善の方向に向くようになり、私自身もとても楽に働けるようになりました。

驚いたことに、私の根源的な原因に気づいたとたん、娘が長年打ち明けることができないで抱えていた悩みを私に打ち明けてくれました。すべてはリンクして、すべてが好転しはじめたのです。

会社員:40代女性

私は真面目過ぎると人からいわれています。

求道してすぐに理楽笑(リラックス)塾の悟りコースに申込みました。
今、振り返ると、悟りコースに到達するまでの理楽笑(リラックス)塾に参加するたびに肩の荷が下りたような楽さを感じています。

抱えていた問題についても「大したことない」という気持ちでおおらかに向き合うことができている自分を感じています。
これまで菜食に対しては否定的でしたが、講義を聴き、納得することがたくさんありました。
菜食歴の長い参加者の皆さんは、自分が以前聞いていた情報とは真逆で、お顔がツヤツヤとしており、とてもポジティブで生き生きしていました。

菜食を一週間試してみてとても調子が良いので続けてみようと思っています。今、悟りコース2周目をスタートしてみようとワクワクしています。

自営業:40代女性

夫と共に自営業をしています。

今まで夫婦や姑との意思疎通にいつも問題を抱え、逃げ出したいと思っていました。
理楽笑(リラックス)塾に参加したときに、ある講義がとても印象に残り、自分は立場を取り違えて、間違った方向に努力をしていたからこんなにうまくいかないのだと気づきました。

そして私自身が実の親を誤解し、親に対して抱いていた思いがとても良くないことだったと気づき、すぐに両親にこれまでのことを涙ながらに謝りました。
両親は笑って私を受け入れてくれました。気づくと左手の硬直が治っていました。長年、治療法が見つからずお湯につけてほぐしていたほど硬直し、ただれた手がいつの間にか柔らかで正常な手に戻っていました。

きっと心の中で握り占めていた固い思いを手放すことができたのだと思います。

女性

理楽笑(リラックス)塾悟りコースを修了した妹が見違えるように元気ではつらつとした人に変化しているのを見て、長い間自分は、この素晴らしさを閉じ込めるような威圧感を妹に与えていたと心から反省しました。

それからの私たち姉妹の関係は変わり、角がとれて伝えたいことが素直に伝わる間柄になっています。
幼少期から母親がいない生活のなかで親の代わりを務めていたつもりでしたが、今になって親の愛情の深さをしみじみと感じます。
子供を包容する慈しみの深さは目には見えないけれど、とても大きいものです。形を超えたこの愛情こそが私たちを育てあげてくれていたのだと感じています。

理楽笑塾に参加された方へ、

理楽笑塾のご感想をお聞かせください。下のレビュー投稿フォームのボタンを押してレビューを記載できます。

皆さんの喜びが、多くの方の喜びとなりますように