弥勒参拝

弥勒参拝参加者の声

これまでに30万人以上の方が弥勒参拝求道式を受けておられます。
多くの方が、心境の変化、やすらぎ、安定を感じられ、また仕事運が向上した家庭が今まで以上に明るくなったと様々な体験経験をされておられ、多くの方から喜びの声をいただいております。

その一部をご紹介します。

4ヶ月前に初めて参加した理楽笑塾では、悩みやストレスから一切解放され、身も心も完全な安心感に包まれる“真のリラックス”を体感しました。

女性

「理楽笑塾の存在を知ったからには、とにかく一度参加してみてください!」
これが、私が皆さんに声を大にして、そして自信を持ってお伝えしたいことです。
自分がこれほど穏やかな明るい心で、こんなにも元気で幸せに毎日を過ごせるなんて、理楽笑塾に参加する以前は想像もできませんでした。
4ヶ月前に初めて参加した理楽笑塾では、悩みやストレスから一切解放され、身も心も完全な安心感に包まれる“真のリラックス”を体感しました。「試しに参加してみよう」と思って臨んだ理楽笑塾でしたが、その日のうちに悟りコースに申し込んでいました。
そして、医師から「うつ病」と診断され、休職3ヶ月目の時に参加したのが、先月の理楽笑塾でした。参加直前の私は、倦怠感や無気力感に悩まされ、人と話すことができず、毎日15時間以上も睡眠を取っている状態でした。ところが、なんとか参加することができた理楽笑塾で、聴講や先生・前人からのお言葉、参加者の方々との交流を通して、積年のストレスやトラウマも消え、うつ症状が解消されてしまいました。
復職した現在は、薬なしでも心身が健康で、エネルギーに満ち溢れています。イライラや落ち込みを引きずることもなくなり、毎日がなんだか楽しくて、安心感や幸福感に包まれて日々を過ごせるようになりました。
理楽笑塾に参加すると、心の持ち方が“正しい”方向に自然と変化し、人生が必ずより良い方向に導かれます。
皆さんもぜひ、この幸せな体験や心境を味わってみてください♪

今まで、がんばってがんばって、無理して言葉を出していたのが嘘みたいです。
こんなに、楽しく、変化できるとは思ってもいませんでした。。

女性

私が今回理楽笑塾に参加しようと思ったきっかけは、お友達がすごく変化したよという話を聞いて、理楽笑塾にいくといいよと声をかけて頂いたことがきっかけでした。
自分自身の中で悩んでること、いつも考えてることからなかなか抜けられず、その答えを見つけられそうな気がしたので参加を決めました。
1日目は、とにかくリズムに着いていくのに必死でした。
2日目に御礼拝の仕方を教わり、皆さんの話してること、使う言葉がなんとなく理解出来てきて、行動についていけるようになり、さらに楽しくなりました。この夜には、ほとんど心の引っかかりが取れて、ずっと考えていたことも解消できました。
三日目はもう楽しくて、なんでも知りたくて、帰りたくない気持ちでいっぱいでした。
私がずっと考えて悩んでいたことは、「子供は親の鏡」ということです。
このフレーズはしっていて、親以上にはならないことも知っていて、そのために変わりたい、大きくなりたいと思っていましたが、具体的な方法が見つからず、
もっとがんばったら……
もっと努力できてれば……
どうしたら変われるのか、できない自分をいつも責めていました。
もうひとつは、周りのことを気にしすぎて自分の思いを話すのが苦手で、話さなくてはいけないことも頑張ろうと思っても話せず、半分もう諦めていました。
三綱五常の授業で、五常は常に自分の中にあることを教えていただき、自分の中の光に出会うことが出来ました。
なぜ、全ては自分なのか
その原理かはっきり解り、理解することが出来ました。
特に私が持ち帰ってきたフレーズは、
三綱五常での先生の言葉で、「徳性のままにスっと動けばなんの問題もない」
と、
前人のお慈悲「力まず無理せず自然体」です。
帰ってきてから、たまたま数人の前で自分の思いを話す場を頂き、いつものように緊張はしていましたが、初めて「思いがすごくつたわったよ」と感想を頂きました。
今まで通りの日常ですが、なにかが違いました。お役に立てることを沢山したくなりました。心に一瞬引っかかっても、深呼吸して切り替えることが出来ました。一念を信じて、会う人会う人に思ったことを思った時に話すことも出来ました。できる度に自分で嬉しくて、なんでもできちゃいそうな気持ちになりました。
今まで、がんばってがんばって、無理して言葉を出していたのが嘘みたいです。
こんなに、楽しく、変化できるとは思ってもいませんでした。
私のように、思ってることを人に言えず、変わりたいけどどうしたらいいか分からない、変わりたくても変われなくて悔しくて悩んでいる方は沢山いると思います。
みんなが理楽笑塾を知ったら、自分のやりたい事を思いっきり楽しく出来るようになると確信しました。
まず私が豊かな心を持って、周りの人達を幸せにしたいと思います。地球環境に役立つことも沢山していきたいです。
この私の思いで、何かお役に立てたら本当に嬉しいです。
誘って頂いたこと、行けるように支えてくれた家族、一緒に参加できた方々、行けた自分全てに感謝します。ありがとうございます。

講話はもちろんのこと、ただ美味しい菜食を食べながらおしゃべりしているだけでも、はっと気づくことだらけでした。

40代女性

私は子供の頃、身体が弱く、とてもマイペースで、幼稚園の頃から集団生活に全く馴染めませんでした。
また、2才半くらいからずっと家が荒れて地獄のような日々で、外でも家でも心が安らぐ場所がありませんでした。
段々本当の気持ちなどの自己表現をしなくなり、いろんなことを諦めて、いつも虚無感や孤独感を抱きながら消えてしまいたいと思っていました。
大人になってからも、そうやって心を閉ざし、自分を出せず、我慢して生きていたので、ついに2年前、病気になってしまいました。

求道のお話を頂いたのは、昨年の、手術して一カ月後です。
それまで、どうして自分はこういう境遇なのだろうか?
と心理学や精神世界に救いを求めて模索して、何をやってもだめだったので、正直いって「どうせまた救われないに決まってる」と思っていました。

でも、なんとなくずっと気になり続けて、何度もお誘いのライン文面を読み返したり、インターネットで求道について調べたりしていました。
そして、このチャンスを逃したらもったいない気がする、と思い、求道しました。

 

求道のあと、人生の整理が始まりました。
それから、時々ですが、会舘に通うようになりました。

先輩から「早めに理楽笑塾に行くと、状況が整理されるよ」と言われ、今年3月のLコースに参加しました。
中津川では、私の問題の答えだらけ、気づきの連続でした。

講話はもちろんのこと、ただ美味しい菜食を食べながらおしゃべりしているだけでも、はっと気づくことだらけでした。
心身とも緩み、解放されてきてるなぁ、とは感じてましたが、三日目になると、あれ?もしかしてこれは47年重苦しく覆い被さっているパンドラの箱の蓋が開いてしまったか?と思うようになりました。

そして、帰りの車の中で、突然、文字通り走馬燈のように2才半からの地獄の日々の想い出が流れてきて、これは間違いなく蓋が開いて解放されているんだ!と思いました。
身体も反応して、帰ってきてから滅多に熱は出さないわたしが、39度以上の熱を出して5日寝こみました。

快復すると、身体が軽くなり、意識も今までと違う感じになっていて、細胞がうまれかわったようだ、と思いました。
今までは虚無感で消えることばかり考えていることが癖になっていたわたしが、自分を生きたい!と生きる方へ舵を切っていることにはっと気づき、自分でびっくりしました。

わたしは幸せになっていいんだなぁ、と思ったら、涙が出ました。
そうすると、今まで本当に色んな人にぎり支えられ、助けられていたことが見えてきました。
それなのに自分のことばっかり考えていて、全く周りが見えていなかったなぁ、と恥ずかしくなりました。

気づいた今から、遅まきながら、残りの人生は少しでも人のお役に立ちたいと思います。

 

今もその時の楽しさは消えていません。持続したままです。スッキリしています。

40代男性

14年前に求道、理楽笑塾には5年ぶりに参加。
不思議な事に今まで重くのしかかっていたものが1時間事に流れていくのがわかった。
メチャメチャいい、その一言につきます。
今もその時の楽しさは消えていません。持続したままです。スッキリしています。

地元に帰ってから3名の縁ある親子を求道に繫げたことからミラクルの連続。
その親子は喜んで会舘に通い、家庭での求道式には、一緒になって多くの知り合いの方に声をかけてくださり、20名の方に御縁にあっていただけました。

そして何とその中の方とおつきあいがはじまり、人生がバラ色になったんです。

私は一体何に悩んでいたんだろう?
今では悩み方を忘れる位さっぱりした毎日です。

40代女性

私が求道のご縁にあったのが2016年5月。
説明はうまくできませんが「何か良い!」と、感じたので家族や親友、大事な人に求道を伝えていきました。

そんな中、先輩者に
「中津川にある理楽笑に行くと、もっと味わえますよ!」
の一言で、日程を調整し、2017年2月Dコースの理楽笑塾に初めて参加しました。

実は、その直前心配事があり、こんな状況では行けないと思いましたが、
「とにかく行きましょう!」という先輩からの後押しもあり家で悩んでいるより、
中津川に行けば何かが変わるかも!?と思い、中津川研修所に出かけました。
足を踏み入れた最初の感想は、

「ここは何?悩みたくても悩めない!」でした。
そうなんです!私は一体何に悩んでいたんだろう?と思い出せなくなるほどのスッキリ爽やかな空間なのです。
行った人なら分かる感覚かもしれません。これは、水晶の鉱脈の効果なのでしょうか???
「なるようにしかならない!」とある意味開き直り、前泊の初日から研修所に入っただけで感じました。
もちろん、講話も私にとってワクワクする新鮮な内容で、毎回心に響くものでした

また、合間の時間、食事の時間、自由時間に全国から集まった初めましての方達との会話にも、今自分に必要な言葉や問題を解決するようなヒントを得ることが出来、充実した
時間を過ごすことが出来ました。

何より、そこに居るだけで心も身体も浄化されるような感覚で感謝が溢れてくるのですからとにかく「凄い!」の一言です。
今思えば、もっと早く先輩者に教えてほしかった!と思います(笑)
気になる、迷っている、という方がいましたら、とにかく一度行ってみて下さい!
毎月行きたくなるような不思議な場所です。
そして私はそのまま悟りのコース(1年間の間にA,B,C,D,Sの5回行くコース)に
申し込み、その年の11月Cコースにて悟りのコースを終了しました。
今では悩み方を忘れる位さっぱりした毎日です。

参拝後につきましては、周りの人から前よりも明るくなったねと言われる

60代男性

初参加の理楽笑塾、2泊3日の贅沢な意識の旅を終えて、昨夜帰宅しました。
3日目の朝に、これまでに無い、肩の荷が完全に下りた自分に気づきました。
顔も自然とほころび、おそらくここまでリラックス出来た経験は、いまだかつてありません。
それと今朝は、これまでにない心穏やかな目覚めを味わった、自然体の自分がいます。
すべてこの「道」に繋がる為にあったと感じました。
これまで60年の人生での歩みと経験が、本当の意味で活かせる純粋な感覚が、ヘソの裏から湧き上がって来てます。
この感覚にずっと出会いたかった。
でも人間界だけでは、この境地には出会えません。
「弥勒様・道徳会舘」の存在があってこそです。
心から「道」へのご縁に感謝です。有難や有難や・・・。

毎日が幸せでたのしくて、しょうがありません。

静岡県浜松市 会社員 50歳 女性

今まで私は自分の外に何かを求めていました。
でも、弥勒参拝を受けてから、自分の中にその求めているものがあるんだとわかってから、とても楽になり毎日が幸せでたのしくてしょうがありません。

不思議なことに、求道してから友達が沢山できました。

私を導いてくれた方に感謝します。また、相談に乗ってくれる先生方有難うございます。

参拝をする前、私はイライラしていました。

愛知県豊田市 学生 15歳 女性

参拝をする前、私はイライラしていました。

誰にも当たれない不安、いろんな気持ちだったけど、参拝して自分がどう変わったかわからないけど、スッキリした気持ちになりました。

とても穏やかで爽やかな、何とも言えない満たされた気持ち

30代中学教師の女性

もともとスピリチュアルなことに興味があり、セミナーに参加したりして『自分とは 何か?この世の森羅万象の真理についてもっと知りたい』と思っていました。

生徒たちのために、自分がよりよい教師であるために何をすれば良いのか日々探求し その一方では、職場での人間関係に疲れ切っていました。

そんな時、『弥勒参拝を受けると人生が変わるよ』 と誘われ、式当日まで待ち遠しく とてもワクワクしながら求道式を受けました。

式の翌日、いつものように仕事に行くとあら不思議!苦手な人に対する嫌な気持ちが 全く無くなっていました。
今まで自分が抱いていた変なこだわりはどこへ やら?とても穏やかで爽やかな、何とも言えない満たされた気持ち。目にはみえない、偉大なパワーを味方に得たような感じがしたのです。

更に驚くことに、問題視していた生徒が、その日もいつものように暴れていたのですが、なぜか私には素直に話しかけてくるのです。そして『勉強したいから教えて』と言ってきたのでした。自分の心が変わると周りまで変わるんだ!!

自分の変化はそれだけでなく、少しのことでもありがたいと思えるようになり、周りを慈しみの愛で満たしたいと思うようになりました。
弥勒様とのご縁をいただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

昼に食べたお弁当のおいしさに感動しました。

愛知県豊田市 介護職 38歳 女性

友人の家に置いてあった弥勒さまの置物を見て、思わず笑顔になっている自分が居ました。
その日友人から色々話を聞き、自分も会舘へ行ってみようと決心しました。

会舘へ着くとなんとなく懐かしい感じがしました。又お昼に食べたお弁当のおいしさに感動しました。すべて手作りで素材の味がすごく活かされ、日頃、自分が食べている物とは違うと感じました。

その後の求道式では、思ったより緊張しませんでした。弥勒さまの笑顔と大好きなお香の香りが漂っていたので・・・。

式の時に女性の方が話されている言葉も一定のリズムで、私の心に安らぎを与えてくれました。

三宝の話、もう一度しっかり聞きたいです。そして、とらわれない大きな心で日々を過ごしていきたいです。

色々なことがうまく行き始め驚いています。

愛知県半田市 自営業 25歳 女性

私は、3才と1才の娘がいますが、ずっと子育てに悩んでいました。

家の中でふたりがおもちゃで遊んでいる時、取り合いなどすると、私が「順番に遊ぼうよ」と言っても、長女はふてくされて、おもちゃを投げたり蹴ったりするし、次女はただただ泣くばかり・・・。

気晴らしに子育てサロンに出かけましたが、長女はお友達が話しかけてくれても、緊張し顔がこわばり動けなくなってい ました。次女は私にくっつき泣いてばかり、周りの子供たちが、伸び伸びお友達と楽しそうに遊んでいるのがうらやましく思っていました。周囲のお母さん方 が、上手に子育てをしているのを間近で見て少しみじめな気持ちになるだけでした。先輩ママにアドバイスを頂いても素直に聞けずにいました。

そんなとき「求道」に誘ってもらいました。はじめは「私と娘たちがこんな事をして本当に変わるだろうか?悩みは晴れるだろうか?」と正直、半信半疑でした。

ですが、三宝を聴くため子供と離れる事になった時、長女が初めて会う人なのに、手をつないで部屋を出て行ったのに驚き、さらに食事を頂いている時も、穏やかな顔をしている長女と、すぐに泣き止み落ち着く次女の姿に驚くばかりでした。

家に帰ってからも、おもちゃの取り合いをしても「順番ね」と言うと「はい」と言って譲り合っていました。主人も「聞き 分けが良くなったね。散歩の時にも、いつもならご近所の人に挨拶されても返さないのに、二人とも挨拶を返したよ。」と子供たちの変化に驚いていました。そ の主人も4月19日に求道の縁を頂きます。

それからしばらくして長女のアレルギーが治るなど、求道してから色々なことがうまく行き始め驚いています。私自身も、先輩ママや、職場の先輩、そして友人の話を素直に受け止められる様になってきています。会話も楽しく出来るようになりました。

今は感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

気持ちが穏やかになる感じ

愛知県小牧市 主婦 72歳 女性

一ヶ月前に弥勒参拝を受けた娘(長女)から勧められて家庭で弥勒参拝求道式をさせて頂きました。

夫「心が、す~とした。心がさわやかになった。」

娘婿「気持ちが穏やかになる感じがした」

娘(次女)「おだやかな気持ちになったような感じがします。求道を受けて良かったと思いました。」

孫(次女の娘)「家庭のみんなが求道を受けた後から不思議と笑顔が自然に出る様な感じがした。家族間の言い争いもなくなった気がした。」

孫(次女の息子)「求道を受けた夜、夕食の手伝いをした。その時、『おばあちゃんいつも大変だね』って、言ったこともない言葉をかけてくれた。

本人「ありがたいと感じました。」

全て私にとってグットタイミングだった。

青森県弘前市 美容師 48歳 女性

知人から弥勒参拝の話を聞き、すぐに受けてみたくなりました。

一生に一度でいいということでしたので、迷わず申し込みました。

参拝後、思ったことは全て私にとってグットタイミングだった、ということです。

気持ちが楽になり、心は感謝で一杯になりました。一人でも多くの方に知ってもらいたくなり、今身近な人に伝えています。有難うございました。

般若心経の本当の意味がわかり 感動

22歳 会社員 男性

大学の卒業旅行を兼ねて八十八カ所巡りをしていました。

愛媛県の、ある札所を訪れた際に 『八十八カ所は外にもあるが、自分の中にもある。それを教えてくれる所がある』と聞き、是非それを知りたいと思いました。

弥勒参拝求道を受けると、いつも自分が唱えている般若心経の本当の意味が初めてわかり とても感動しました。

『今まで外に求めていたものが自分の中にあったなんて・・・!!』

生かされているという素晴らしさを改めて感じました。

新潟県阿賀野市 保険 59歳 女性

弥勒参拝との出会いは、仕事上のお客様からのお誘いでした。
その方とは久しぶりにお会いし、「よい話」 と言うことで二つ返事で、参拝に行かせて頂きました。
話を聞かせて頂き、生かされているという素晴らしさを改めて感じました。

又、不思議なことが起こりました。参拝が終わりお茶を頂いている間に2軒続けて契約の話が入りました。

その後も今の不景気な時期に不思議と仕事が入り忙しくさせて頂いています。
そして、思い出したのです。この考えられない順調な流れは、あの弥勒参拝の後からはじまったのです。

又、お礼のご挨拶に行かせて頂きます。

大切な右手を救って頂いた

60代 男性

車の修理で電気ドリルを使用した時のこと。

以前、知人が同じドリルを使い、軍手が巻き込まれ、小指を切断してしまうという事故が起きた。
『軍手をしたままだと危ないな』と思いながらも作業を開始した次の瞬間、右の軍手がドリルに巻き込まれてしまったのです。

『ああ、指がとれた!』と思いました。
電源を止めて、恐る恐るボロボロに破れた軍手の中の手を見てみると、なんとかすり傷一つなかったのです?!

軍手と手を見つめながら、ただただ驚くばかり。声も出ませんでした。

大切な右手を救って頂いたお慈悲に感謝して、ボロボロの軍手を知人に見せては求道にお誘いしています。

今年は是非、夫婦で理楽笑塾に参加して、道のことをもっと理解したいです。

お金では買えない幸せを頂いた

新潟県五泉市 64歳 女性

私達夫婦は、ある方との出会いで、弥勒様とのすばらしいご縁にあえたのです。

実は、私の家は3年程前、ある出来事がきっかけで娘とは疎遠になり、それ以来娘が家の敷居を跨ぐ事はありませんでした。私達夫婦も外では明るく振る舞っていても、娘のことを思うと心が淋しくなりました。

しかし何が起こったのか??

弥勒参拝を受けて二日後、娘が子供と一緒に突然家に来てくれたのです。
本当にうれしくて思わず涙がこぼれ落ちました。
その時「これは・・・・あの弥勒様の力ぞえだ」とピンときました。

私達夫婦は、弥勒様のご縁でお金では買えない幸せを頂いたので、皆さんに幸せになって欲しい、だからお伝えしたいという気持ちで一杯です。

弥勒様がいろいろ気付かせてくれて、それで物事が良い方向に回転しているような気がします。私達にとって弥勒様は心の支えです。

求道されている方は皆さん幸福だなあと思いました。

愛媛県今治市 主婦 61歳 女性

知人のご自宅で弥勒参拝を受け、たくさんのお話を聞き本当に良かったです。
その時から、「みんなが通っている道德会舘はどんな所だろう?と自分の目で早く確かめてみたい」と思っていました。

このたび、会舘に行きました。私が想像していた以上でした。身の引き締まる思いでした。再度、三宝を聞かせていただき、新たな感動がありました。やさしい気持ちになれました。求道されている方は皆さん幸福だなあと思いました。

求道後、嬉しいことがありました。心をかけて下さった友達に感謝しています。

これからも出来る限り会舘へ足を運びたいです。

友人に求道を勧められたとき、「宗教じゃないかな?」という不安もありました

愛知県岡崎市 主婦 27歳 女性

友人に求道を勧められたとき、「宗教じゃないかな?」という不安もありましたが、友人を信じ求道をしました。

その後、何も変化のない日々を送っていると思っていましたが、ふと考えてみると気持ちに余裕ができ相手の気持ちを考えられるようになっていました。

以前は夫に対してすぐに怒っていたのに、今はあまり怒らなくなり、素直に”ごめんなさい”と謝れるようになりました。

負けず嫌いの私が素直になれたのも求道して頂いたお陰だと思います。

今は求道を勧めてくれた友人に感謝しています。

温かい気持ちになりすぐに妻に勧めたいと思いました。

名古屋市南区 ブティック経営 34歳 男性

友人の家で求道しました。求道した後、温かい気持ちになり、すぐに妻に勧めたいと思いました。

自宅で妻と長男が求道できると聞いて、3月8日に求道日を決めました。その日が決まったとたんに店の宣伝が無料で本に掲載され、お客様が増えました。

求道式当日は、妻と子、そして友人など6名が求道しました。

「とっても気分がよくなった」「すっきりした」「また来週もやってもらえるんですか」と言う声や、「次回是非、求道させたい人が居るので誘いたい。」と約束をした友人もいました。

商売はお客様が増えてうれしい限り、目に見えないものに守られていることを強く感じます。これからお客様に ”道” を伝えて行きます。

有難うございました。

只、只、不思議です。

新潟県魚沼郡 70歳 女性

知人に勧められ求道しました。

その後、何とも言えない心のスッキリ感を味わいました。

自分自身、何がどうなってこんなにいい心境になれたのか。

只、只、不思議です。

ありがとうございました。

道徳会舘の空気はとても明るく感じました

17歳 学生 女性

学校が嫌いでずっと不登校、家にひきこもっていました。
両親のことも嫌いで口もきかず、いつもモヤモヤしている状態でした。
そんな私を見かねて、友人が求道に連れて行ってくれました。

初めて訪れた会舘の空気はとても明るく、それに比べて自分の家の空気は本当に重いと感じました。 
そして『私の家の空気もこんな風に明るく変えたい!!今まで私は素直じゃなかった。みんなに謝りたい。』 と思ったのです。

翌朝気が付いたら、働きに出かけるお母さんに向かって『いってらっしゃい!』と言っていました。こんなに清々しい気分になれるなんて!求道できて本当によかった。